静かに家を見守る監視カメラ|どのような場所でも撮影できる最新機能

婦人

安く導入ができる

監視カメラを設置する上で懸念されるのが、掛かるコストです。最新の動態センサーがついた監視カメラであれば、電気代をカットできるため維持費の負担を削減できます。また、コードレスタイプの監視カメラなら、導入による設置費用や初期費用を削減できます。

場所ごとに選べる種類

錠前と人形

防犯対策として街中でもよく見かけるようになった機器といえば、監視カメラが挙げられます。設置することで、24時間体制で周辺を撮影することができるので、犯罪行為の瞬間や犯人の姿を記録ができます。かつては企業や店舗が使用するものというイメージが一般的であった監視カメラですが、最近では個人で設置をするという人も増えています。カメラの価格や設置費用が安くなったことのほか、窃盗団グループの横行などの不安から、設置を行なっている人が増えているのです。近年の監視カメラは解像度も非常に高く、例え夜間でも犯罪行為を行なう犯人の顔や着ている衣服など、細部まではっきりと撮影することができます。空き巣などの犯罪行為がなされたとしても、撮影した映像を警察に届け出ることで、犯人を捕まえて賠償させることもできます。

監視カメラを設置する場合、監視カメラごとの性能や機能性について着目する必要があります。外に監視カメラを設置する場合、選ぶべき監視カメラは耐候性の高い製品でしょう。耐塵耐水性の高い監視カメラであれば、外の風雨に長期間晒され続けても使用し続けることができます。屋内に設置するのであれば、耐候性や耐久性よりも監視カメラの撮影機能が優れている機器を選ぶ必要があります。屋内では日光が届かず、影になる場所もあるので、暗視機能がついた機器や、逆に太陽光などの逆光を受けている間も撮影ができる機器を選ぶとよいでしょう。また、屋内に設置する場合、侵入する人にもカメラの存在を気づかれやすいので、死角に入られる恐れがあります。どこを撮影しているかわからないドーム型監視カメラであれば、死角に入られることを防げるでしょう。

女性

メンテナンスでコスト削減

監視カメラの寿命は5年といわれており、きちんとしたセキュリティ対策を行なうためには寿命を迎えたカメラの買い替えを行なう必要があります。また、長く使い続けるために専門の会社へ監視カメラのメンテナンスを依頼すれば、買い替えの頻度を抑え安く使い続けられます。

積み木の家と鍵

便利なレンタルサービス

監視カメラの設置を行なう場合、短期間の利用を考えている人もいるでしょう。自宅周辺での悪質ないたずらや、ストーカー行為に悩まされており、犯人の姿を撮影したいとする人も多いのです。レンタルサービスを利用することで、安く短期間での利用ができます。